ブログ

34歳と35歳との婚活力の差について

2019年9月10日


婚活は何よりも本人の熱意が結果に影響する他、相手への気配りも重要なポイントです。

結婚に年齢は関係無いとされていますが、実際は1歳違うだけで価値観や行動力が大きく変わるので婚活の結果も変わるのです。
生涯の伴侶と巡り合うためにも、年齢の差で異なる婚活力の詳細を学びましょう。


年相応の振る舞いが婚活の最低条件

婚活をする人は結婚を目的としているので、言動の端々に早く結婚したいという焦りや不安が見え隠れします。
本人は冷静に振る舞っているつもりでも相手からは浮足立っているのがバレバレであり、そのような状態ではいくら格好良く決めても効果はありません。精神が不安定な状態で上辺だけを取り繕う姿が非常に滑稽な代物と見られてしまい、婚活どころか嘲笑の的になってしまう可能性もあります。
この傾向は年齢が高くなるほど顕著であり、特に35歳になると四捨五入すると40代になるという理由からなりふり構わず相手に食いつくケースもあります。相手からすれば年相応の落ち着いた態度で接してほしいのに、空腹の野生動物のようにがっつく姿を見せられては芽生えた好意など簡単に消え失せてしまうのです。

年齢が1歳違うと婚活も大きく変わる

婚活が失敗する理由の多くは焦りから行ってしまう勇み足です。
相手に気に入られようと頓珍漢な行動を取ってしまった結果、婚活が失敗してしまうのです。婚活で焦ってしまうのは本人の年齢が大きく関係しています。特に34歳と35歳の年齢差はその傾向が強く、わずか1年の差が非常に大きなものとなります。34歳は「まだ34歳」であり、婚活でも30代として扱われるのが普通です。そのため、本人も余裕を持って婚活に臨むことができるのです。その一方で35歳は「もう35歳」と見られることが多く、40代に手が届く年齢でもあります。その事実が本人には大きな重圧であり、早く結婚しなければと焦ってしまいます。その結果、相手からは失望され、遂には振られてしまうのです。

若さを武器にするか落ち着いた雰囲気を持つかが年齢差の婚活の理想形

34歳までの婚活は若さを全面に出す方法が通用します。最高齢の34歳でも「まだ34歳」と称されることが多いので、若いことをアピールする婚活が効果的なのです。35歳になったら世間では「もう35歳」と見なされ、もはや若者の括りに入りません。35歳の婚活は若さよりも年相応の落ち着きや貫禄を持ち、それを活かした方法を実践するのが良い結果に繋がります。

婚活は自身の長所を示すのが良い方法

婚活を成功させるには年齢ごとに相応しい方法があることを理解する必要があります。
同じ方法でも年齢によって効果が全く異なるので注意が必要ですが、何歳であっても自身の長所を示すことが重要なのは変わりません。若い人は若さを、35歳以降の年齢なら年相応の落ち着きを武器にするのが成功の秘訣です。

婚活サイト/アプリランキング

1位:Omiai

恋をしよう

Omiaiは日本初のFacebookを利用した安心・安全なマッチングサービスです。2018年10月末時点で累計会員数が361.1万人になりました!これまでのオンラインデーティングサービスは誰が登録しているかわからず、不安がありましたが、OmiaiではFacebookアカウントでログインできるため、安心して使えるサービスになっています。サクラゼロを宣言しているサービスとしても有名です!

2位:with(ウィズ)

メンタリストDaiGoが監修した恋愛婚活マッチングwith!心理学×統計学で運命より確実な出会いができるということで注目のサイト・アプリです!また、初回定型文やプロフィール作成時、絞り込み検索など細かいところへの配慮がなされた初心者の方にも使いやすいものになっています。

あなたも一度、心理テストを受けてみたら?

3位:Pairs(ペアーズ)

pairs2

ついに累計会員数が1000万人を突破!国内最大級のアプリとなった恋愛・婚活マッチングサービス『Pairs(ペアーズ)』! Pairsでは、2012年11月のリリースから現在まで延べ「4,700万組」がマッチングしています。 豊富なプロフィール情報をに加え、検索機能が充実しているので理想のお相手を探しやすいし、コミュニティ機能で共通の趣味や興味でつながれます! また、実名は表示されない、Facebookの友達には出会わないなど安心して利用できます!

-ブログ
-,

Copyright© 婚活チェキ , 2019 All Rights Reserved.