ブログ

婚活はマッチングアプリだけでなく、結婚相談所もアリ!

2019年9月9日

婚活をする方法は、1つではありません。
手段が多いほどチャンスも増えるので、色々と試してみることも大切です。けれど中々成果が出ないという場合には、結婚相談所を利用すると良いかもしれません。

ここでは、マッチングアプリと結婚相談所の違いを説明し、なぜ結婚相談所が婚活に向いているのかを解説します。


マッチングアプリと結婚相談所の違い

マッチングアプリは男女の出会いの場と言えますが、必ずしも結婚に結び付くわけではありませんよね。
単純に恋愛をしたいだけの人もいれば、結婚を視野にいれている人もおり、利用者の目的は様々と言えます。

けれど、結婚相談所の場合には本気で結婚したい人しか利用しません。そのため、良いところまでは行ったけれど、結婚には結び付かなかったということにはなりにくいところも特徴です。多くの人に出会う場としてマッチングアプリは使いつつも、婚活を意識するなら、結婚したい人だけが利用する結婚相談所を併用しても良いのではないでしょうか。

トラブルの少ない環境が用意されています

多くの人との出会いでは、全てが順調に行くわけではありませんよね。
中には、思っていたのと違ったり、あまり合わなかったりといったことで付き合いを断わる場合もあります。無難に関係を終わらせることが出来れば良いですが、中には、断わることが苦手だったり、こちらの意図が相手に伝わらなかったりといったこともあるかもしれません。一歩間違えるとトラブルになり易い部分ですから、注意したいですよね。結婚相談所の場合には相手との出会いはもちろん、別れにもカウンセラーを介することが可能です。何かあった場合の相談窓口が確保されているので、安心して利用することが出来ますよ。

味方を得られます

結婚を意識する相手に出会っても、相手の気持ちが分からなかったり、どうしたらよいのか悩んだりといったことも多いのではないでしょうか。
そんな時、相談出来る相手がいると、気持ちが楽になりますよね。もちろん、友人に相談するのも悪くありません。けれど、友人はあなたの気持ちを考慮して話をする筈ですから、客観的な意見やアドバイスを求めるのに相応しい相手とはならないことも多いです。また、何度も同じ相談を持ちかけるのは、気が進まないということもあるのではないでしょうか。けれど、結婚相談所の場合には専任のカウンセラーがいます。良いことだけでなく悪いことも含め、真摯に向き合ってくれるので、婚活の心強い味方になってくれますよ。

結婚相談所を利用しよう

マッチングアプリと結婚相談所では、利用者の目的が異なります。どちらにも良さがありますが、婚活が思う様にいかないと感じるなら、結婚相談所を利用すると良いかもしれません。本気で結婚をしたい人のみに出会えますし、カウンセラーという味方を得られるので、安心して婚活を進めることが出来ますよ。

婚活アプリ/サイトランキング

1位:Pairs(ペアーズ)

pairs2

ついに累計会員数が1000万人を突破!国内最大級のアプリとなった恋愛・婚活マッチングサービス『Pairs(ペアーズ)』! Pairsでは、2012年11月のリリースから現在まで延べ「4,700万組」がマッチングしています。 豊富なプロフィール情報をに加え、検索機能が充実しているので理想のお相手を探しやすいし、コミュニティ機能で共通の趣味や興味でつながれます! また、実名は表示されない、Facebookの友達には出会わないなど安心して利用できます!

2位:Omiai

恋をしよう

累計マッチング数5,000万組突破!

Omiaiは日本初のFacebookを利用した安心・安全なマッチングサービスです。2020年9月時点で累計会員数が400万人になりました!これまでのオンラインデーティングサービスは誰が登録しているかわからず、不安がありましたが、OmiaiではFacebookアカウントでログインできるため、安心して使えるサービスになっています。サクラゼロを宣言しているサービスとしても有名です!

3位:ゼクシィ縁結び

ゼクシィ0425

2015年4月に始まった、リクルートマーケティングパートナーズが運営しているという絶対的な安心感と充実したサポートを備えた婚活初心者にも優しい婚活サイトです!

ゼクシィ恋結びとサービス統合したことによってさらにパワーアップし、ユーザーが着実に増えています!

-ブログ
-,

© 2020 婚活チェキ