ブログ

婚活力をアップさせたいなら○○をしてみては?

2019年7月29日


「結婚相手には、絶対に妥協したくない!」
という気持ちで婚活をしていると、幸せが遠のいてしまうかもしれません。
結婚相手に求める条件を下げることは、妥協ではなく「結婚に対する価値観の軌道修正」だと捉えましょう。


若い頃にチヤホヤされた女性が陥りやすいこと

10代の頃にクラスの男子からチヤホヤされた経験のある女性は、その成功体験にしがみついて、アラサーになっても「私って、本当はモテるんだから!」と思ってしまいがちです。
そのため、モテる素質はあるのに実際はモテていないという謎の現象が起きてしまうのです。男性ウケはいいのに、なぜか結婚できない。結婚を前提に男性とお付き合いを始めても、なぜか長続きしない。女友達からは「すぐに結婚できそうなのにね~」ってよく言われるけど、なかなか結婚できない。なぜ、このような結果になるのでしょうか?

自分自身のことを過大評価している

このタイプの女性は、自分がそれなりにチヤホヤされることを知ってしまっているが故に、妥協する気持ちがなくなっている場合が多いのです。この一文を読んで、「そんなハズはない!」と感じた自称モテ女子は、男性の嫌な部分をちょっとだけでも見てしまうと、「この人は、結婚相手に該当しない」と、あっさりポイ捨てしていませんか?「男性がダメなだけで、私は悪くない」「私はこんなにいい女なのに、それに見合ういい男性がいない」と言っている女性に限って、それほど魅力的でない傾向があります。さらに、このような思考を男性の前でも見え隠れさせてしまうので、望むような男性と出会えたとしても、相手は寄って来てくれないのです。

「高望み女」と思われていませんか?

「私は結婚相手に高望みなんかしていないわ。普通の男性で十分なの。お金持ちでなくてもいいし、高身長でなくてもいいわ」なんて言っていても、お付き合いしている男性と、いざ結婚を意識すると、「やっぱり顔が好みじゃないし…」「彼の趣味に合わせるのが大変そう…」などと思ったことはありませんか?それを世間では「高望み」というのです。

大事にしてもらえるかどうかを基準にしよう

高収入の男性にアプローチされたことがある、イケメンに告白されたことがある、高級レストランでデートをしたことがある、などという経験が1度でもあると、「私はそのレベルに見合った女よ」と思い込んでしまう落とし穴があります。「男性からチヤホヤされる=結婚できる」ではないのです。婚活力をアップさせたいなら、「男性から大事にしてもらえる=結婚できる」という思考回路に軌道修正していきましょう。

理想が高くないことをアピール

男性があなたをチヤホヤしてくれるのは、単に遊びたいだけなのかもしれません。婚活では「モテますオーラ」ではなく、「高望みしない女ですオーラ」を出しましょう。男性は、そんな妥協してくれる女性を、結婚相手としてアプローチしたくなるものなのです。

婚活サイト/アプリランキング

1位:Omiai

恋をしよう

Omiaiは日本初のFacebookを利用した安心・安全なマッチングサービスです。2018年10月末時点で累計会員数が361.1万人になりました!これまでのオンラインデーティングサービスは誰が登録しているかわからず、不安がありましたが、OmiaiではFacebookアカウントでログインできるため、安心して使えるサービスになっています。サクラゼロを宣言しているサービスとしても有名です!

2位:with(ウィズ)

メンタリストDaiGoが監修した恋愛婚活マッチングwith!心理学×統計学で運命より確実な出会いができるということで注目のサイト・アプリです!また、初回定型文やプロフィール作成時、絞り込み検索など細かいところへの配慮がなされた初心者の方にも使いやすいものになっています。

あなたも一度、心理テストを受けてみたら?

3位:Pairs(ペアーズ)

pairs2

ついに累計会員数が1000万人を突破!国内最大級のアプリとなった恋愛・婚活マッチングサービス『Pairs(ペアーズ)』! Pairsでは、2012年11月のリリースから現在まで延べ「4,700万組」がマッチングしています。 豊富なプロフィール情報をに加え、検索機能が充実しているので理想のお相手を探しやすいし、コミュニティ機能で共通の趣味や興味でつながれます! また、実名は表示されない、Facebookの友達には出会わないなど安心して利用できます!

-ブログ
-,

Copyright© 婚活チェキ , 2019 All Rights Reserved.